anatofuzのなんかそういう感じ

インターネットアイドルの日常だと思って書いてます

「毒リンゴの美味しい食べ方-ヲタ女子たちのスケベライフ-」がとにかく良かった

あまりエロゲの感想を書くことはないですが、あまりにも良かったので紹介です。

サークル「ブランティスト 」さんの「毒リンゴの美味しい食べ方-ヲタ女子たちのスケベライフ」があまりにも良かったので皆さんやってください。 www.dlsite.com

ほぼ日新作が発売され、企業のエロゲを超えるクオリティから、ニッチな性癖に特化した作品まで幅広いゲームで溢れている同人エロゲ界隈。そんな界隈でも、今作はきわめてエロの性質で言えばニッチ、そしてシナリオでいえばエロゲらしくない清々しさに溢れた群像劇となっています。

とにかくdlsiteで出ているあらすじを見てくれ。

あらすじ

名前とその暗い性格から「毒リンゴ」というあだ名をつけられていた過去を持つ、25歳のヲタク女子・「大島林檎」。無職。 平成の終わりのある日、あまりの性経験の少なさから焦りを感じ一念発起。 唯一の友達の「ひなの」と「ももか」を巻き込み、自身の性経験を充実させるために家を出ます。

そしてそこで起きる数々のエッチなイベント、出会い、葛藤、事件…

地方都市を舞台に繰り広げられる、彼女たちの「スケベライフ」を覗いてみましょう。

主人公は25歳の無職ひこきもりの大島林檎です。基本名前で作品では呼ばれています。

25歳。奇しくも自分もそろそろ25歳になり、この年齢の林檎の思考や行動にはとても共感していました。 林檎は過去の失敗経験から外に出ずに引きこもっていますが、それでも彼女は完全に孤独やコミュニケーションができない訳ではなく、SNSやリアルでつながりを持つ友人が複数います。

完全に一人ぼっちになっている訳ではないけれどなにか世間から孤立しているように感じる描写が非常にリアルな25歳の主人公を体感できます。エロゲなので外に出てエロいことをする訳ですが、この性描写もリアルの生活の延長線にある感じがして非常に良い。エロゲ特有のとりあえずエロシーンを作るという感じよりは、リアルな女性の生活を見ている風になっています。林檎はこの性を軸に友好関係を増やしたり、人間として成長していくのですが、林檎だけではなく彼女を中心とした人々が前を向いて生きていくきっかけを彼女が作っているのが、群像劇としても見応えがあります。

この性を中心に自分を広げていくというのが、なんか他人事ではなくて....。 エロゲなので性はなくてはならないというのはあるんですが、実際25歳前後は性と生が密接に関わっている年代なので、こう心に語りかけてくる感じがします。

惜しむらくはエロゲなのでSwitchなどで配布されそうにないところです。布教がむずかしい。。。

メインシナリオを終えると、主題歌シチヘンゲにあわせて彼女たちのその後について語られます。 このEDがまた凝っていて、明朝体の心地よいテロップが音楽に合わせて流れるPVは、庵野作品的なセンスの良さを感じます。 また、彼女たちがED後もこのシナリオで広がった友好関係を維持しているようで、林檎の人生がまだ続いていくことが見れて、「あぁまだこの物語は続いていくんだな...続きが読めるのだな....」と非常に温かい気持ちになります。。

www.youtube.com

一部まではティザーPVとして見る事ができます。主役3人を形容する言葉が言い換えで変化していくPVの描写が、この作品を終えた後にプレイヤーがプレイ前の第一印象から印象が変化していることとシンクロしていることにプレイし終わった後に気づくでしょう。

まぁ色々書いたんですがエロゲなんでこう色々難しいところはあるんですが、心にくる一作なのでぜひプレイしてください。

2022年の運勢

id:himajin315先輩のやつです。

今年は運が良さそう。やっていきます。

note.com

前回

anatofuz.hatenadiary.com

2021年見た映画

覚えている範囲で。と言いつつだいたい会員登録してるので映画館で見たのは網羅してそう

TOHOシネマズ二条

IMAXが生活圏内に現れたので話題作多めで行っていたっぽい

  • スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021
  • (IMAX)シン・エヴァンゲリオン劇場版
  • (IMAX・3D・字)ゴジラvsコング
  • (MX4D・字)ワイルド・スピード
  • (MX4D・3D)PUI PUIモルカー
  • (IMAX)竜とそばかすの姫
  • (IMAX)GHOST IN THE SHELL
  • 信虎

京都みなみ会館

そんな行けてなかった感じはある。わりと雰囲気は好きなので来年はもう少し行きたい

movix京都

MOVIXはそんな行けなかった感があるな。結構上映時間が朝早いのが多くてなかなか足が運ばなかった感

  • 映画大好きポンポさん
  • サイダーのように言葉が湧き上がる

アップリンク京都

Tジョイ京都

わりと行っている気がする。イオン内なので便利

今年は「アイの歌声を聴かせて」とか「サイダーのように言葉が湧き上がる」みたいなオリジナルアニメ映画がなかなか良かった気がします。 沖縄から京都に引っ越して映画館に行きやすくなったので来年もみたいですね。

竜とそばかすの姫見に行った

竜とそばかすの姫見に行ってきました。IMAX終わりかけで8:20からの回だったので朝早かった。

歌は全編めっちゃよくて、特に出だしの「U」が良かった。これは劇場の音響で聞けてよかったね。

music.youtube.com

他はそれっぽいゲームのパロディーシーンや、違和感ない専門用語などがあって見てて面白い映像が多かった。 Uの作り込みはIMAXのでかい画面で見るべきじゃんというほど圧巻だった。

それはそれとして話の内容としてはちょっと微妙かなぁという気持ちになった。 Uの中の歌唱シーンが良い反面、日常パートとかだと間延び感がある。 まぁあの間延びした日常こそが我々の日常じゃん?と言われるとそう...。

他は表現したいことの点の主張は強くて理解できるのだけど、色々とそれっぽい要素を散りばめて入るけど回収されないものが多かったなと思う。 例えばすずの家の犬があからさまに怪我しているとことか、幼馴染との関係性がいまいち見えないとかがあった。

後はなんか「これが言いたいんです!!!!」ってのがあからさまに多くて、話の筋が時々強引になってる感じがした。 中盤のダンスシーンはあからさますぎるくらいに「美女と野獣」オマージュだし(そういえばヒロインもベルで共通してる)、すずが母と同じく人助けをすることで成長するみたいなところの言いたいことは大分伝わっているけど、前後を見ると突然すぎない?みたいなところがあった。 美女と野獣のオマージュシーンは、美女と野獣やりたかった以上のものがあまりなく、現実世界とUの中で美女と野獣の野獣ポジションが交代しているとかのシーンが見たかった。 全体的に竜と幼馴染が話を進行させるためだけに役割が与えられている感じがして違和感があった。

特にラストで素顔のまま歌った後、クジラに乗るとベルに戻ってたのは!?となった。素顔で歌っててほしい!!!!

終盤の電車とバスで救出作戦もまぁ急いでいるのか急いでいないのかわからないのと、こういうときこそUを使おうよみたいな気持ちになった。

というわけでまぁ曲と映像は良かったのだけど脚本がな〜〜となる感じだった。サントラはほしい。

「とびだせ!ならせ! PUIPUI モルカー」見た

実際に見たのは昨日ですが、モルカーのMX4D行ってきました。 IMAXの3DメガネじゃなくてMX4D用の3Dメガネが必要で、当日100円払ってメガネを買うなどしました。

f:id:anatofuz:20210725214112j:plain

4DX、ついこの前の初代ワイスピの4DX上映以来2回目なんですが、体感としてはワイスピより揺れていた。 つまりドミニクよりポテトくんの方がドライブ力が強い。いいね?

映像としてはエンドロール以外は新規映像が何もなく、モルカーの一挙上映でした。毎回ちゃんとPUIPUIモルカーのタイトルコールはあるので良い。 タイトルコールとかモルカーが動くタイミングで基本座席が揺れるので、モルカーに乗っている感覚とモルカー自身の体感を得ることが出来て面白かった。お子さんもいらっしゃったけどだいたい20代のTwitterのオタクが集結していた。僕もそうだよ。

MX4Dなので焦げた匂いとか煙も出てきてアトラクションみが強くて、モルカーという題材もあって遊園地っぽかった。サンリオピューロランドの夢のタイムマシンとかこんな感じだったような。 残念なのは3日目なのにもうボールがなかったところ。PUIPUIしたかった。

モルカー、そういえば前は研究室で見たんだよな。色々ある。

連休2日目。最近消耗していたのか気づいたら14時という感じには寝ておきてを繰り返す生活だった。

15時くらいに意を決して本屋に行った。目的は知的風ハットさんの書籍、サメ映画大全を買うため。 ギリギリ1冊残っていたのでルンルン気分で購入した。買ったあとに気づいたけど手汗がひどいのでhontoで買ってコーディングしてもらえばよかった気がする。

あとは昼兼早めの夕食を取って帰宅した。映画見てくればよかったけどなんか今日は早めに寝たい気がする。まぁそういう日もいいよね。